大躍進ベルギー代表の根幹を築いたアンデルレヒトの育成とは

2018年W杯でベルギー代表は、第3位となりました。ベルギー史上最高の結果を打ち立てたベルギー代表のメンバーのうちの3分の1がアンデルレヒトの下部組織出身の選手でした。ロメロ・ルカク、ヴァンサン・コンパニなど代表の中心選手ばかりです。ベルギー屈指の育成の名門として名を馳せるアンデルレヒトの育成について紹介していきます。

育成方針

隣国のフランスやオランダの育成システムを研究し、ヨーロッパのユース施設を作り上げました。そんなアンデルレヒトは柔軟性を磨くことを重要しています。ユース育成の当初は3-4-3のシステムから始めて、成長するにつれて4-3-3などの15のパターンへと発展させていきます。自軍の長所、短所、相手の状態、シーズンの時点、試合の重要性に合わせてシステムを変更するので、それに対処するための柔軟性を鍛錬することが求められます。16歳になるまでは、楽にプレイさせてポジションも定期的に変更させます。これが多様性をもち、知性を兼ね備えた賢い選手の育成につながります。

特徴

アンデルレヒトのあるブリュッセルは多文化性をもつ都市です。さまざまな文化の入り混じったストリートなので、あらゆる個性をもつ選手がいます。コーチ陣は心理学者や教育学者から頻繁に指導を受けていて、元選手のコーチだけでなく学者のコーチも在籍しています。正しい教育のあり方を追求していることが窺えます。クラブの掲げる哲学は、ボールを勝ち取る、ボールをキープ、前進、創造、フィニッシュ、勝利です。

まとめ

今回はアンデルレヒトの育成について紹介しました。昔は強豪国もイメージはありませんでしたが、数年前から急激に成長したベルギー。その躍進を支えたアンデルレヒトに今後も目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です