高さよし、速さよし、守備よし、三拍子揃ったリバプールの最強CBフィルジル・ファンダイクとは

2019年バロンドール最有力候補といわれていたのが、フィルジルファンダイクです。リバプールに加入して、すぐ守備の大黒柱となりました。2019年に急激に評価を上げて、バロンドール候補にまで名前が挙がる逸材になりました。リバプールが急激に強くなった最大の理由が、このファンダイクの存在です。2019年に世界一になった、この最強DFについて紹介していきます。

国籍オランダ
ポジションCB
誕生日1991年7月8日
背番号
利き足

経歴

フローニンゲン 2011-2013
セルティック 2013-2015
サウサンプトン 2015-2017
リバプール 2018-

プレースタイル

ファンダイクは、完璧なセンターバックです。ディフェンススキル、スピード、フィジカル、背の高さの全てで一流です。CBとして欠点が見当たりません。

現在、世界一のセンターバックとの評判も高いです。相手がリオネル・メッシだろうと誰であっても、一対一は大体勝ちます。一対一が強すぎて、抜かれたらニュースになるほどです。

スピードとポジショニングの良さを生かして、相手に背後を取られても、すぐにボールを奪い返します。リバプールではDFリーダーとなり、ラインの統率や味方への指示を行なっています。

攻撃面でも存在感を放ちます。パスが高精度なのでリバプールの快足ウイングに、背後から的確な浮き玉のスルーパスを繰り出します。ヘディングも強いため、CKやFKのターゲットになり得点することもあります。

エピソード

・17歳の時に虫垂破裂と腹膜炎、尿毒症を同時に引き起こし数日間をICUで過ごした
・オランダ代表の試合でマスコットになっていた女の子が寒がっていたためジャケットを着せた
・クロップ監督に南野のリバプール移籍を進言したと言われている

まとめ

今回はフィルジル・ファン・ダイクについて紹介しました。2019年にバロンドール獲得を惜しくも逃しましたが、リバプールが覇権を握る時代はしばらく続くとみられています。リバプールで欠かせない存在となったファンダイクのこれからに期待しましょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です