「魔法使い」と称されるリバプールの代えの効かないロベルト・フィルミーノとは

実況解説者の戸田和幸さんが、「魔法使い」と称する選手といえばロベルトフィルミーノです。サディオ・マネ、モハメド・サラーとともにリバプールで世界屈指の3トップの一角を担います。南野とプレースタイルが似ているので、競争相手と目されている選手です。従来のCFとは違い、さまざまなタスクをこなすフィルミーノについて紹介していきます。

国籍ブラジル
ポジションCF
誕生日199年10月2日
背番号
利き足

経歴

フィゲイレンセ 2009-2010
ホッフェンハイム 2011-2015
リバプール 2015-

プレースタイル

フィルミーノの特徴は攻撃の組み立てにも参加するCFというところです。攻撃時、低い位置からのビルドアップのときに中盤まで降りてボールを受けます。

通常のCFはCBの横にいることが多いですが、フィルミーのはこのようにフラフラと彷徨うようにポジショニングします。これが、魔法使いといわれる所以です。

受けると、DFを引き付けながらドリブルし味方へのスルーパスを行います。そのまま自分もゴール前まで上がっていき、フィニッシュのこぼれ球につめたり、クロスボールをヘディングやボレーをしたりします。

ポストプレーも得意としていて、味方とのワンツーやダイレクトで思わぬスペースにパスを出すトリッキーさも兼ね備えています。試合中は頻繁に顔を振り、周りが見えているのでパスを出すべきスペースを間違えません。

自分が主役になるというよりは、味方のためにスペースを作る動きがメインでマネやサラーを活かすように相手DFを引き付けながらポジショニングします。守備時には最前線からスイッチを入れる役目を担い、マネやサラーの位置も確認しながら的確にプレスをかけていきます。CFの中でもインターセプト数が非常に多い選手です。

エピソード

・ホッフェンハイムに移籍したきっかけとなったのは、サッカーゲームだった
・目の怪我から回復した後の試合で目を隠すようなゴールパフォーマンスをした
・歯が異常なほど白い
・故郷のレストランで居合わせたファン全員にビールをご馳走した

まとめ

今回はリバプールのロベルト・フィルミーノについて紹介しました。数字には現れないような活躍の仕方をする選手で、新しいCF像を築いています。南野のライバルになるであろうフィルミーノをこれからも注目しましょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です