最強の守備能力をもつ小さな戦士、エンゴロ・カンテとは

優勝請負人といわれる小さな戦士といえはエンゴロカンテです。レスターのプレミアリーグ優勝でブレイクすると、チェルシー、フランス代表でも欠かせない選手として優勝をもたらしました。いまやポグバ、マチュイディなど多くのタレントを擁するフランス代表において絶対的な立ち位置を掴んでいます。そんな全クラブが欲しがるカンテについて紹介していきます。

国籍フランス
ポジションCMF
誕生日1991年3月29日
背番号
利き足

 

経歴

ブローニュ 2011-2013
カーン 2013-2015
レスター・シティ 2015-2016
チェルシー 2016-

プレースタイル

カンテは心臓が2つあると言われるほど運動量が多いです。ピッチ上で駆け回り、高いディフェンススキルでボールを奪い取ります。

ダブルボランチの一角を担う場合は、カンテが広範囲で守備をしてくれるため相方の選手は攻撃に集中できるようになります。フランス代表では、ポグバと組んでいるためカンテのおかげでポグバの攻撃能力がいかんなく発揮されました。

スピードとスタミナとボール奪取力に優れるので、インターセプト数やリカバリー数、タックル成功数はプレミアリーグでもトップレベルです。しつこく相手をマークできるので、メッシやモドリッチなどの名選手が相手にいるときはマンマークのようなタスクを担うこともあります。

背が低いのを生かして、小回りが効くのでクリーンに相手からボールを奪います。攻撃時はシンプルにプレイします。トップ下の選手のような創造性には欠けますが、ボールを持つとドリブルで運びながらサイドにボールを振ったり、スルーパスを出します。小柄ながら体幹が強く、相手からぶつかられても倒れません。

エピソード

・恥ずかしがり屋で、W杯のトロフィーに自ら触りにいくことができなかった
・2018W杯と開幕直前に実の兄を亡くしている
・プロになる前は、会計士の勉強もしていた
・W杯で非常に活躍したので、カンテを讃える歌ができた
・レスター時代は、岡崎慎司と同僚だった

まとめ

今回はカンテについて紹介しました。チームのために誰よりも走り、貢献する一方で非常に謙虚で愛されキャラです。誰もが認め、どの監督も欲しがるカンテの活躍を見守りましょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です