マンチェスターUの中心選手といわれるポール・ポグバとは

2018年W杯でフランス代表として優勝に貢献し、ポテンシャルは非常に高いにも関わらず所属のマンチェスター・Uで期待通りの結果を残せていない選手といえばポール・ポグバです。カリスマ性があり、私生活でも非常に目立ちます。ユベントスやレアル・マドリードから関心をもたれるポグバについて紹介していきます。

国籍フランス
ポジションCMF
誕生日1993年3月15日
背番号
利き足

経歴

マンチェスターU 2011-2012
ユベントス 2012-2016
マンチェスターU 2016-

プレースタイル

ポグバはボックス・トゥー・ボックス型の選手です。スピード、ドリブル、パス、シュート、ヘディングのオフェンス能力に関しては全ての能力が非常に高いです。
一度ボールを持つと、強靭なフィジカル、足元のテクニックで自陣からゴール前まで持ち運びます。最近は推進力のあるミッドフィルダーが減ってきている中、ポグバの推進力は非常に秀でています。
キック力があるので、遠めからでもシュートを打ち込みます。
パスセンスにも秀でており、ロングフィード、浮き球スルーパス、サイドからのピンポイントクロスなど多彩です。高身長でフィジカルが強いので、空中戦も強くヘディングでゴールも決めます。
ディフェンス能力も高いですが、モチベーションにムラがあり、ディフェンスをするときとサボるときがあるのが難点です。

エピソード

・実の兄2人もサッカー選手
・髪型が特徴的で、スーパーサイヤ人やモンスターボールをイメージしたヘアスタイルにしたこともある
・ジダンから未来のバロンドール候補といわれている

まとめ

今回はポール・ポグバについて紹介しました。見た目の派手さに負けず、プレーやゴールパフォーマンスもダイナミックでカッコイイ選手です。これからも将来のバロンドール候補と目されるプレーを楽しみましょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です