世界で最も攻撃的なSBといわれるレアル・マドリードのマルセロとは

近年世界一のサイドバックと言われ続けてきた選手といえば、レアル・マドリードのマルセロです。ロベルト・カルロスの後継者として、サイドバックながら攻撃の主軸を担っていたともいえる選手です。ボールを持つたびに、何をしてくれるのかとワクワクさせられる選手です。C・ロナウドとの相性も抜群で、何度もアシストをしてきたマルセロについて紹介していきます。

国籍ブラジル
ポジションLSB
誕生日1988年5月12日
背番号12
利き足

 

経歴

フルミネンセ 2005-2006

レアル・マドリード 2007-

プレースタイル

マルセロはサイドバックとは思えないほどの攻撃センスをもちます。シザースやルーレットなどのテクニックでDFを軽々抜き去り、ピンポイントでクロスを上げます。

キック精度には自信を持っていて、遠くからでもアーリークロスやロングフィードを蹴ってきます。C・ロナウド在籍時には、幾度となく質のいいクロスをあげてアシストしてきました。相手DFが、どうせクロスを上げるだろうと考えてプレスを甘くしてしまうと、自らドリブルで上がっていきシュートも打ちにいきます。

味方との連携でサイドバックなのに、CFがいるようなところまで駆け上がるのも珍しくありません。低い位置でボールをもつと、SBは蹴り出す選手が多い中、マルセロはDFをかわしにかかります。それにより数的有利が生まれるため、攻撃が有利に進められます。

高い位置を取ることが多いので、マルセロの裏のスペースを狙われることが多いです。守備能力は普通レベルなので、ハイレベルな試合では抜かれることも度々あります。

エピソード

・背番号12は、自身の誕生日に合わせている
・息子もマドリーの下部組織に加入した
・非常に太りやすい体質といわれている

まとめ

今回はマルセロについて紹介しました。ベテランの域にさしかかり、常にスタメンではなくなりましたが依然として攻撃的サイドバックであることに変わりありません。ブラジルらしいテクニックとマドリーに対する忠誠心で非常に人気の選手です。引退するまでに彼のプレーを楽しみましょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です