【翻訳記事】コンテの苦悩…「心配だ。常に同じメンバーでプレーしている、クラブと対応を考えなければならない。」

テクニコ(監督の意)は、補強の必要性を示した:「リーグ戦とチャンピオンズリーグは、厳しいコンペティションであり、ただ参加するだけでは許されない。」

アントニオ・コンテにとって、土曜日の午後が台無しとなったパルマとの引き分けだけが要因ではない。非常に明確なスピーチであった。「3日毎にプレーするのは簡単なことではない。ピッチに降りるのは常に同じメンバーだ。フィジカル、メンタルの両面で消費が激しい。クラブともどこを改善すべきかを理解し、評価し直さなければならない。これからの12日間であと4試合を抱えている。それが少し気がかりだ。」

困難な状況

内容は明確だ。インテルは移籍市場に介入すべきである。理由として、コンテ自身、負傷者を多く抱え、選手の選択肢が限られている状況に置かれている。「プリマヴェーラでプレーしたり、しなかったりのバストーニやエスポージトのような若手からベストを引き出せるように努力している。我慢が必要だ。だが、同じメンバーばかりがプレーすることで、怪我のリスクも増えてくる。リーグ戦とチャンピオンズは、非常に消費の激しいコンペティションだ。インテルは歴史あるチームだ。ただ参加するだけでは許されない。誰一人もとがめることはできない。選手は皆、全力を尽くしている。」

試合後

試合を終えて、コンテはそこまで落ち込んではない。「チャンスがなかった?他と比べてはいけない。自分たちだけを見るべきだ。前半は、あまりいいプレーではなかった。パルマが良かった。だが、我々が彼らを助けてしまった。2つのゴールを見れば分かるだろう。一方、後半は素晴らしかったし、最後は、我々の方が勝利に相応しかったと思っている。選手たちに言えることは少ない。6日間で3試合、問題があり、常に同じメンバーがプレーしている。この点に関して言えば、落ち着いてはいられない。」

参照サイト:gazzetta
訳:長内秀樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です