久保建英の新天地はビジャレアルか 獲得の鍵を握る新監督ウナイ・エメリ 

現地8月5日付のマドリー贔屓のスペイン紙『AS』によると、久保建英選手の新天地は今週にも決まると報じられています。

30を超えるクラブの中で、特に強い関心を持っていると言われているグラナダ、セルタ、オサスナ、そしてビジャレアル。中でもウナイ・エメリ新監督で2020-21を迎えるエル・スブマリノ・アマリジョ(イエロー・サブマリン=ビジャレアルの愛称)が、最有力のようです。

レアル・マドリーは完全移籍オプションを拒否

マジョルカと同じく、レアル・マドリーはこの19歳のクラックを1年ローンの契約で落ち着かせたいようです。

それは、久保選手がマドリーのスターになると見ているため。

マドリーのプランとしては2021-22シーズン、1クラブに3人まで登録できるEU圏外選手の1人として起用しようとしています。

ビジャレアルは久保選手の移籍に合計約500万ユーロ(約6億3000万円)を負担することなるでしょう。その中で久保選手のサラリーは約250万ユーロ(約3億1000万円)。移籍マーケット情報として定評がある『transfermarkt』では約300万ユーロ(2020年8月6日現在)となっているので、おおよその金額として信憑性がありそうです。

画像=transfermarkt 情報は2020年8月6日現在

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です