【動画付】厳しいプレッシャーの中でも正確なプレーが出来るようになる練習法とは?

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、相手をブロックしながら正確なプレーができるようになるトレーニングをご紹介します。

試合中相手はボールを奪うために、必ずプレッシャーをかけてきます。

そんな厳しいプレッシャーをかけられても、正確にプレーするためには相手をブロックする技術が不可欠です。

そこで、動画を参考にしながら相手をブロックしながら正確なプレーができるようになるトレーニングを詳しく解説していきます。

ブロックしながら正確なプレーをするトレーニング

トレーニング方法

  • ボールを投げる人、ブロックしながらコントロールする人、プレッシャーをかける人に分かれる。
  • 投げられたボールを、相手をブロックしながらワンタッチで返す、もしくはワントラップしてから返す。
  • 相手をブロックするときは、とくに腕を使うことを意識して行う。
  • プレッシャーをかける選手は、厳しめにプレッシャーをかける。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画:youtube[JAPANサッカーカレッジ プロになるためのトレーニング【A1】サッカー専攻科 CUPS聖籠 フィジカルトレーニング]

こちらの動画では、バランスボールを使用していますが、無くても大丈夫です。

ない場合は試合中のように、ボールを奪えるくらいの距離感までプレッシャーをかけましょう。

このトレーニングのポイントは、「体全体、とくに腕を意識してブロックする」「厳しいプレッシャーをかけられた中でも、正確にコントロールする」ことです。

まず、相手をブロックするときに間違えがちなのが、腕を使わずに体を入れるだけのブロックをしてしまうことです。

これではボールと相手との距離が近くなるため、ボールに触れられてしまいます。

腕を使うことで、ボールとの距離を遠ざけられるため、必ずブロックするときは腕を意識して行いましょう。

さらに厳しいプレッシャーをかけられた中でも、正確にプレーできなければトップレベルでは通用しません。

どんなプレッシャーを受けても、自分の行いたいプレーを正確に行えるように、意識しながら取り組んでください。


◆関連記事◆
【U12】プレッシャーがあるのは当たり前! 冷静にゴールできるようになるトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です