大切なのは奪った後!スライディングでの守備→素早く攻撃に繋げるトレーニングをご紹介!

今回は、スライディングでボールを奪い攻撃につなげるプレーについてご紹介します。

スライディングはシュートブロックや相手のボールをクリアするときなどに有効的なプレーです。

しかし、スライディングで相手のボールを奪ったとしても、そのあとのプレーを意識していなければ再び相手にボールが渡ってしまうかもしれません。

そこで、動画を参考にしながらスライディングでボール奪い攻撃につなげるプレーのトレーニング方法についても、詳しく解説していきます。

スライディングでボール奪うトレーニング

トレーニング方法

  • ペナルティエリア付近で2人組になり、1人がボールをもつ。
  • ボール持ってる選手が少しボールを前に出す。
  • 前に出した瞬間に、ボールを持っていない選手はスライディングでボールを奪う。
  • 奪って終わりではなく、すぐ立ち上がり前を向いて素早くシュートする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です