【動画付】京都橘高校が実際に行なっている「チーム全体でポゼッションを極めるトレーニング法」をご紹介!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は、京都橘が実際に行なっているポゼッションを高めるトレーニングをご紹介します。

ご紹介するトレーニングでは、正確なポジショニングと視野の広さ、判断力などが身につけられ、ぜひ練習に活かしてほしいメニューです。

そこで、動画を参考にしながらポゼッションを高めるトレーニングを詳しく解説していきます。

ポゼッションを高めるトレーニング

トレーニング方法

  • 長方形のコートを作る。
  • その中で4対4+3(フリーマン)を行う。
  • フリーマンはタッチラインに1人ずつと真ん中に1人。
  • 攻撃側はフリーマンも合わせて6人でポゼッションをし、守備側は4人でボールを奪いに行く。
  • ボールを奪ったら攻守を素早く交代。
  • 攻撃側は数的有利な状況になるため、どの選手がフリーなのかを常に確認しながらプレーする。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

このトレーニングのポイントは、「選手全員が的確なポジショニングを意識する」「どこにスペースがあり、どの選手がフリーなのかを常に確認する」ことです。

まずポゼッションを高めるためには、選手全員が正しいポジショニングを意識しなければいけません。

ポゼッションでは技術はもちろん、どこでパスを受けるのかがとても重要になります。

さらに、プレーしながら常にスペースと味方の位置、フリーな選手を確認する必要があるでしょう。

今回のトレーニングでは攻撃側はフリーマンも合わせて6人、守備側は4人です。

ということは攻撃側は必ず2人がフリーになります。

そのフリーの選手へ素早くパスを通すことが重要でしょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です