パスを回すときに重要な「DFの逆をとる」「状況を把握する」能力が急激に伸びるトレーニングをご紹介!

photo:ティアンドエイチSportsDVD

今回は、3対1×3+3のトレーニングをご紹介します。

このトレーニングは、ボールコントロール能力・パス精度・視野の広さ・状況把握力など、多くの能力が高められます。

そこで、動画を参考にしながらトレーニング方法について詳しく解説していきましょう。

3対1×3+3のトレーニング

トレーニング方法

  • 4つのミニコートを作り、3つのコートで3対1、1つのコートに3人配置する。
  • それぞれボールを1つもち、3人でパスを回し、1人がディフェンスをする。
  • 1つディフェンスがいないコートは、そのままの状態でパスを回す。
  • ボールタッチはツータッチ以内で行う。
  • 7本パスを繋がれたら、ディフェンスは他のディフェンスがいない3人のコートに走り、同じようにディフェンスする。
  • 7本パスが回る前にディフェンスがボールを奪ったら、奪われた選手が移動する。
  • これらを連続して行う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です