【動画付】川崎フロンターレU-12の選手も行っている「強いパスを正確に止める技術が劇的に上手くなる練習法」をご紹介!

U12トラップ技術
DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、川崎フロンターレU-12が実際に行っているボールを止める技術を高めるトレーニングをご紹介します。

サッカーの中で、ボールを止めるは基本であり、自分がプレーしやすい場所へトラップできる選手は良い選手にに1歩近づきます。

そこで、動画も参考にしながらボールを止める技術のトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

ボールを止めるトレーニング

トレーニング方法

  • 2人組で行う。
  • ラインがあればラインに沿って行いますが、なければマーカーでラインを作る。
  • それぞれ対面でラインに並び、その場でパス交換。
  • ちょうどラインにボールが止まるようにトラップする。
  • パスは強めのパスを出す。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

この動画では、川崎フロンターレU-12が実際に行っているトレーニングが見られます。

このトレーニングのポイントは、「ラインにボールを止める」「ボールが浮かないようにする」「ボールを足元に止めすぎない」ことです。

まずルールとして、ボールをラインに止めるようにトラップします。

そのため、ラインに止まるようにボールの勢いを止めなければいけません。

そしてトラップするとき、ボールが浮かないように気を付けましょう。

ラインに止まっていても、ボールが浮いていては次のパスが出しづらくなります。

次のプレーが正確に行えるように、トラップはゴロにできるように心がけましょう。

最後に、ボールを足元に止めすぎないことも重要です。

これも先ほどと同じように、足元にボールが入りすぎると、次のパスが出しづらくなります。

サッカーではトラップで次のプレーが決まってしまうことが多いです。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
両足の正確なインサイドパス、トラップ、素早いターン技術が同時に習得できるトレーニング方法をご紹介!

U12トラップ技術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です