ターンするときに重要なのは〇〇をボールから遠ざけること!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、ターンするときに相手とボールの間に自分の体を入れるトレーニングをご紹介します。

ボールを奪われないためには、相手とボールをできるだけ離すことか重要です。

これはターンする時も同じで、相手の近い位置でターンを行うよりも、少しでも遠い位置で行ったほうが相手に奪われません。

そこで、動画を参考にしながら詳しく解説していきます。

ターンするときに体を入れるトレーニング

トレーニング方法

  • 対面の位置にそれぞれマーカーを1つずつ置き、ポイントを作る。
  • ポイントの片方がドリブルで中央に向かい、もう片方は走って中央に向かう。
  • ドリブルしている選手は、走ってくる選手が近づいてきたら、どちらかの足でボールに触りターンする。
  • ターンするとき、ボールを触ったほうの足で踏み込んで、相手とボールの間に体を入れる。
  • これらを交互に行う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画:youtube[The Step and Hop Move.]

このトレーニングのポイントは「ターンした後の足の踏み込み」「ボールを相手から遠ざける」ことです。

まず右足でボールに触ってターンしたとします。このときボールを触った次の踏み込みを同じく右足でおこない、左足でボールに触って方向を変えるようにしましょう。

なぜなら相手が前からプレッシャーをかけてきた状況で、ボールを触った足をそのままボールと相手の間に入れることで、最短で体を入れられるからです。

そうすることで、相手とボールの距離が長くなり、逆足で落ち着いて方向を変えられます。

素早く体を入れることは、奪われないためだけではなく、自分が落ち着いてプレーできるようになるためでもあるのです。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
両足の正確なインサイドパス、トラップ、素早いターン技術が同時に習得できるトレーニング方法をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です