シュートブロックのトレーニング〜DFでもGKのようにゴールを守れる!〜

今回は、シュートブロックのトレーニングをご紹介します。

サッカーでは、ゴールを手も使って守れるのはGKだけですが、DFも手は使えませんが、手シュートブロックすることは可能です。

シュートに対して、怯えることなく最後まで目でボールを追えることで、シュートを防げる場面もあります。

そこで、動画も参考にしながら、シュートブロックのトレーニングを詳しく解説していきましょう。

シュートブロックのトレーニング

トレーニング方法

  • ゴールから5mほど離れたサイドに、マーカーを置く。
  • そのマーカーの対面、ペナルティエリアラインの位置にもマーカーを置く。
  • ペナルティエリアラインのマーカーから、ゴールの真ん中ら辺の位置にコーンを1つ置く。
  • ペナルティエリアラインのマーカーには、シュートを打つ選手が並び、もう片方のマーカーにはシュートブロックする選手が並ぶ。
  • 同時にプレーを開始し、シュートを打つ選手はコーンまでドリブルしてからシュート。
  • シュートブロックする選手は、ゴールまで走り、手を使わずにGKのようにゴールを阻止する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です