ウォーミングアップ+基礎トレーニングを組み合わせて「動ける身体」を作り出そう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は、ウォーミングアップ+動きながらの基礎技術で動ける体を作り出すトレーニングをご紹介します。

ウォーミングアップのやり方はチームによってさまざまですが、ボールを使ったウォーミングアップを取り入れるチームは多いです。

その中で基本ともいえる、2人組の基礎技術トレーニング。

2人組の基礎技術+体の動き・動作を加えることで、より動ける体を作り出せます。

そこで、大津高校が実際に行っているトレーニング動画を参考に、詳しく解説していきましょう。

動ける体を作り出すトレーニング

トレーニング方法

  • 2人組をつくり、コート内でボールを投げる選手とボールを蹴る・コントロールする選手にわかれる。
  • それぞれ適当な位置に立ち、ランニングしながらスタート。
  • ボールを蹴る選手はランニングしながらボールを持つ選手の前にいき、投げられたボールを左右1回ずつインサイドキックで返す。
  • その後再びランニングに戻り、違うボールを持つ選手の前に行く。
  • これらを蹴る場所を変えたり、トラップを織り混ぜたりしながら行う。

詳しく解説

まずは大津高校が実際に行っているトレーニング動画をご覧ください。

このトレーニングでは、ウォーミングアップの中にボールを扱う動きと体を動かす動きを取り入れることで、より動ける体を作り出せます。

さらに「〇〇こっちあいてるよ」「パス出して!」などとウォーミングアップ中にチームメイトと声を掛け合うことで、自然と良い雰囲気を作り出せる効果もあるのです。

どうしてもランニングだけだったり、ボールを使う基礎トレーニングだけを行うと、だらけてしまいがちな選手もいます。

そこでボールを使う基礎トレーニング+体を動かすランニングなどを組み合わせて行うこと、さらにチーム内で声を掛け合いながら行わせることで、ウォーミングアップから身のある練習を実施できるでしょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です