ダイヤモンドパス 〜視野の広さとプレー判断能力を同時に高めよう!~

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、視野の広さとプレー判断能力を高めるトレーニングをご紹介します。

視野が広い選手はその場の状況に適した、正しいプレーが選択でき、瞬時にプレーを変えられる選手です。

そこで、実際に桐蔭学園が行なっているトレーニングを参考に、視野の広さとプレー判断能力を高めるトレーニングを詳しく解説していきます。

視野の広さとプレー判断能力を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • 4つのポイントをつくり、ダイヤモンドの形を作る。
  • それぞれに2人ずつ並び、ボールを2つ用意。
  • 対面でボールを1つずつ持ち、パスが被らないように左右もしくは対面の選手にパスを出す。
  • パスを出したら出した方向に走る。
  • これを繰り返し行う。

詳しく解説

まずはこちらの動画の最初のトレーニングシーンをご覧ください。

動画:youtube[桐蔭学園のサッカートレーニング~フットボール・ブレインを鍛える!~]

こちらでは、桐蔭学園が実際に行っているトレーニングが見られます。

このトレーニングで意識するべきことは、「ボールを持つ前にプレーを判断する」「ボールがきてから、もう1人のプレーを予測・判断し、素早くプレーを変えられるビジョンをもつ」ことです。

このトレーニングではボールを2つにして、パスを回しています。

さらにルールとして、同じポイントにパスが被らないように注意しなければいけません。

そのため、ボールが来る前にどのコースへパス出すべきなのかを判断しておく必要があります。

さらに、もし判断したプレーがもう1人の選手と同じになってしまった場合、素早くプレーを変更できる対応力も必要です。

そのためには、常に周りの選手の動き、目線などを確認し、自分がどのプレーを選択するべきなのかを考えることが重要でしょう。

決して1つのプレーだけを考えるのではなく、複数のプレーを同時に考えることで、どんなプレーでも正しい選択ができるようになります。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
【動画解説】考えるスピードを最速に!ゲーム感覚で判断力を鍛えられる練習メニューをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です