3対3対3+2のトレーニング〜攻守の切り替えとボールを運ぶ技術を習得しよう!〜

今回は、切り替えのスピードとボールを運ぶプレーを意識した3対3対3+2のトレーニングをご紹介します。

このトレーニングは川崎フロンターレU-10が実際に取り入れているトレーニングであり、小学生年代から取り入れやすいメニューです。

攻守の切り替えを意識することは、これから中学・高校に上がってからも必ず役立ちます。

それでは、3対3対3+2のトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

3対3対3+2のトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを置いて2つのプレーエリアを作る。
  • 3人チームを3つ作り、それぞれ色分けする。(この記事では赤・青・黄とします。)
  • 2つのプレーエリアのラインに1人ずつ、パス出しの選手を置く。
  • まずは赤と青が攻撃。黄が守備。
  • 赤と青は2つのプレーエリアにそれぞれわかれる。
  • 赤からプレーをスタート。1人のパス出し選手をうまく使いながら、4回パスを繋ぐ。
  • 4回パスができたら、真ん中のラインをドリブルで運んで超えてから、逆エリアの青にパスを出す。
  • 守備の黄は、ボールを奪ったら奪ったエリアの逆サイドへパスを出す。(守備で奪ったあとはドリブルで運ばなくて良い)
  • 展開が成功したら、奪われた色は守備になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です