3対3対3+2のトレーニング〜攻守の切り替えとボールを運ぶ技術を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、切り替えのスピードとボールを運ぶプレーを意識した3対3対3+2のトレーニングをご紹介します。

このトレーニングは川崎フロンターレU-10が実際に取り入れているトレーニングであり、小学生年代から取り入れやすいメニューです。

攻守の切り替えを意識することは、これから中学・高校に上がってからも必ず役立ちます。

それでは、3対3対3+2のトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

3対3対3+2のトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを置いて2つのプレーエリアを作る。
  • 3人チームを3つ作り、それぞれ色分けする。(この記事では赤・青・黄とします。)
  • 2つのプレーエリアのラインに1人ずつ、パス出しの選手を置く。
  • まずは赤と青が攻撃。黄が守備。
  • 赤と青は2つのプレーエリアにそれぞれわかれる。
  • 赤からプレーをスタート。1人のパス出し選手をうまく使いながら、4回パスを繋ぐ。
  • 4回パスができたら、真ん中のラインをドリブルで運んで超えてから、逆エリアの青にパスを出す。
  • 守備の黄は、ボールを奪ったら奪ったエリアの逆サイドへパスを出す。(守備で奪ったあとはドリブルで運ばなくて良い)
  • 展開が成功したら、奪われた色は守備になる。

詳しく解説

実際に川崎フロンターレU-10が行っているトレーニングをご覧ださい。

動画:youtube[川崎フロンターレU-10の「運ぶドリブル」を身に付けるトレーニング5]

このトレーニングで意識するべきことは、「攻守の切り替え」「ボールを前に運ぶ」ことです。

守備は奪ったあと素早く逆サイドへ展開できるか、奪われたチームは展開させないように、攻撃から守備に素早く切り替えられるか、この攻守の切り替え瞬間のプレーが大事になります。

さらに、攻撃はパスで展開するのではなく、ドリブルで真ん中のラインを超えなければいけません。

パスを回しながら、どうすればドリブルで前に運べるのかを考える必要があります。

常に攻撃の3人がポジショニングを修正しあい、1人のパス出しの選手をうまく使いながら、ドリブルできるスペースを作り出すことが重要です。

このトレーニングは小学生年代にとくにおすすめなので、ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
ポゼッション技術&奪われた後の攻守の切り替えの意識を同時に高めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です