一瞬の気の緩みが失点に繋がる!素早い攻守の切り替え能力を習得しよう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、素早い切り替え能力が身につくトレーニングをご紹介します。

攻守の切り替えが激しいサッカーでは、切り替え時の準備・素早さは非常に重要です。

切り替え時の一瞬の気の緩みで、失点してしまうことも少なくありません。

そこで、素早い切り替えが意識的に行えるようになるトレーニング方法について、詳しく解説していきます。

攻守の切り替えのトレーニング

トレーニング方法

  • コートをペナルティエリアのラインに縮めて、ゴールの対面にミニゴールを1つずつ左右に置く。
  • コートの中で1対1を行う。
  • まずラインの真ん中から、攻撃側の選手へパスを出す。
  • 攻撃側はゴールへ向かって攻める。
  • ボールを奪われた、またはシュートが決まったり外したりした場合、そのプレーは終了。
  • その瞬間に攻守を入れ替え、次の攻撃側の選手は素早く動き直し、真ん中の選手からパスをもらって、左右どちらかのミニゴールに攻める。
  • この切り替えの瞬間を1番重要視して行う。

詳しく解説

今回のトレーニングでは、攻守の切り替え時の瞬間を1番のポイントにして行いましょう。

最初の攻撃側の選手は、ボールを奪われたりシュートを外したりすると、一瞬集中力がきれがちです。

しかし、試合中ではこの一瞬の集中力のきれが、失点に繋がります。

攻撃側の選手は、ゴールに向かって攻めながらも、常に奪われたあとの展開も考えながらプレーしなければいけません。

これは守備側の選手も同じです。ゴールを守りながら、常に奪ったあとの攻撃のことも考えてプレーしましょう。

後者の切り替え時、守備から攻撃にうつる選手は、ゴールが2つあります。

相手の状況などを考え、どちらのゴールに攻めるべきなのかを常に意識しながらプレーするとよいでしょう。

攻守の切り替えは意識して行えば、必ず素早く行えるようになります。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
【4対4】攻撃→「連動」守備→「前に出る」を意識し攻守両方の能力を高めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です