試合で使える技術が身に付く!「ツータッチシュート」のトレーニングをご紹介!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、ツータッチシュートのトレーニングについてご紹介します。

ボールをトラップしてからシュートしたい場面で、どうしてもDFに阻まれてしまう選手もいるのではないでしょうか。

スペースのないゴール前では、トラップからシュートまでのスピードを素早くし、なおかつ正確なコントロールができなければいけません。

今回ご紹介するトレーニングを行うことで、正確なトラップとシュートまでのスピードが上がります。

それでは、詳しく解説していきましょう。

ツータッチシュートのトレーニング

トレーニング方法

  • 左右ゴール横に守備の選手が並ぶ。
  • そこから対面の位置、ペナルティエリア付近にマーカーを1つずつ置く。攻撃の選手がマーカーに並ぶ。
  • 守備の選手から攻撃の選手へパス。その後ダッシュしてプレッシャーをかける。
  • 攻撃の選手はプレッシャーにあう前に、トラップしシュートを打つ。
  • これを左右交互に行う。

詳しく解説

こちらのトレーニングでは、前方から守備の選手がスピードを上げてプレッシャーをかけます。

そのため、攻撃の選手はプレッシャーにあう前にシュートまでを完結させなければいけません。

ルールとして必ずツータッチで行うこと。

そのため、トラップの良し悪しでシュートが打てるか決まります。

トラップしてシュートまでを素早く行うか、トラップの位置を守備の選手から遠ざけることがポイントでしょう。

また、攻撃の選手は左右交互に行いましょう。どのエリアでも同じようにトラップでき、シュートまで正確に素早く行えることが重要です。

1つ1つのプレーを正確に行えるように意識してください。


◆関連記事◆
動き出しで相手を引きつけ「DFとの無駄な1対1を避けるトラップ技術」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です