ゴール前で有効的な「ボールをスルーさせて動き直す動き」を習得しよう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は、ゴール前で有効的なボールをスルーして受け直す動きについてご紹介します。

ゴール前ではとくに、プレー判断・スピードが求められますが、狭い状況の中で判断することは難しいです。

そこで今回習得してほしい技術が、「ボールをスルーさせてもう一度受け直す動き」。

この動きには3人の選手が絡む必要がありますが、ゴール前で成功できればそれだけで決定的なチャンスを作り出せます。

それでは、トレーニング方法とプレー動画を参考に詳しく解説していきましょう。

スルーして動き直すトレーニング

トレーニング方法

  • ペナルティエリア付近にマーカーを3つ置き、それぞれに並ぶ。
  • サイドの選手から中央へ横パス。真ん中の選手がスルーさせて前に動き直す。
  • スルーされたボールを受けた選手はワンタッチで動き直した選手へパス。そのあとゴール前へ動き直す。
  • パスを受けた選手はシュートもしくはパス。
  • スピードを上げて行う。

詳しく解説


動画:youtube[小林悠で見るフォワードの動き方・FWのオフザボール]

こちらの動画0:47の場面をご覧ください。

この場面では、今回のトレーニングで行ってほしい一連の動きが見られます。

まずサイドの選手がボールを保持している状況で、中央の選手が横パスを受ける動きをします。

このときのポイントが、2人がわざと重なるようにポジショニングをとることです。

そうすることで、1回のパスで2人が関与することになります。

スルーした選手はそこで止まるのではなく、次のパスをもらうためにライン裏へ抜け出しましょう。

そこへワンタッチでパス。このパスを出した選手もパスを出して終わりではなく、さらにゴール前に動き直すとより良いでしょう。

そしてこの一連の動きをスピードを上げて行うことが重要です。

0:47の場面でも、動きに無駄がなくスピーディーに行われています。

だからこそDFも対応が難しいのです。

選手1人1人の連携も重要になりますが、トレーニングから意識をすれば試合でも使える技術となるでしょう。


◆関連記事◆
FWの選手必見!ゴール前であえて「止まる」「下がる」動きを習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です