スペースがある場面でより有効的!体全体で相手を騙すパス技術を習得しよう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は、スペースがあるときに有効なパス技術のトレーニングについてご紹介します。

試合中味方とのワンツーで相手をかわしていくプレーをするときがあるでしょう。

ワンツーはスピーディーに攻撃を展開できるパス交換ですが、相手のレベルが上がると対応される可能性もあります。

そこで習得してほしい技術が、パスを出すときに体全体を使って相手を騙すパス技術です。

そこで、この技術についてプレー動画を参考にしながらトレーニング方法についても詳しく解説していきます。

体全体で相手を騙すパスのトレーニング

トレーニング方法

  • ゴール前にマーカーを1つ置く
  • そこから離れた位置にもマーカーを1つ置く
  • ゴール前のマーカーから、ワンツーがもらえるポジショニングをとる
  • 離れたマーカーからパスを出し、ワンツーのパスをもらう
  • 最後にシュート

詳しく解説

動画:youtube[ガブリエル・シャビエル プレー集 名古屋をJ1に導いた天使]

こちらの動画0:58の場面をご覧ください。

こちらのシーンでは、今回のトレーニングで習得してほしいプレーが見られます。

この技術は、ワンツーを受ける選手が習得してほしい技術です。

0:58のプレーの中で、ワンツーを受ける選手の動きを見ていただくと、パスをもらえる位置に動き出し、その場で止まりながらプレーしようとしていないことがわかります。

ここが今回の技術のポイントです。

あの場面で止まりながらパスを受けて、ワンツーを返そうとしていたらスペースが無く、相手のプレッシャーにもあっていたかもしれません。

そこで、パスを受けワンツーを返すときに、止まりながら行うのではなく、体をサイドの方向へ進めるプレーを選択しました。

そうすることで、「DFが動きにつられる」「中央にスペースが生まれる」この2つの良い状況が作り出せます。

0:58のプレーシーンでも、DFは体の動きにつられてワンツーパスに対応できていません。

さらにワンツーを受ける選手が止まらずに動きだからプレーしたことで、そこに新たなスペースが生まれました。

だからこそワンツーパスが成功し、シュートまでいけたのです。

ぜひ動きながら体全体を使って相手を騙し、パスを出す技術を習得して、試合でも活かしてください。


◆関連記事◆
中盤の選手必見!重心の動きで相手を騙す華麗なファーストタッチ技術を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です