相手を背負った状態から足裏でボールを引いて逆をとる技術を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、足裏でボールを引いて逆をとるキープ技術についてご紹介します。

相手を背負った状態でプレーするのは、プレッシャーがかかっているため難しいです。

このような場面でぜひ習得してほしい技術が、足裏を使ったフェイント。

この技術は相手を背負った状態からでも、相手の逆をとれる技術です。

そこで、トレーニング方法やプレー動画を参考に詳しく解説していきます。

足裏でボールを引いて逆をとるトレーニング

トレーニング方法

  • 対面で1人ずつ並び、その間に1人が立つ。
  • どちらかの方向から中央の選手へパス。
  • パスを受けた選手は、足裏でボールを止め、左右どちらかにボールを引く。
  • そのままターンすると見せかけて、逆川へターンする。
  • ターンしたら逆の方向にいる選手へパス。

詳しく解説

まずはこちらの動画0:43の場面をご覧ください。


動画:youtube[中盤で奪われないターンを5つ徹底解説!なぜ、奪えないかが分かる!キープ力が上がる!]

こちらでは、今回のトレーニングで行ってほしいプレーが見られます。

相手を背負った状態から、自分にとって良い状況を作り出すためには、前を向くことが1番良いです。

そのため、いかに素早く前を向けるかを考えなければいけません。

このプレーのポイントが、足裏で引く距離です。

この距離が大きければ、それだけ相手はターンしてくると考えます。

相手にターンしてくると思わせることで、素早く逆をとることが可能です。

また足裏で引いてから逆側へターンときのスピードを一気に上げるとなお良いでしょう。

相手は重心の逆をとられてしまっているため、そこでスピードを上げられると対応できません。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
南米選手のような「細かく鋭い足裏でのボールタッチ技術」を身に付けよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です