FW必見!スペースをあけるオフザボールの動きとゴールを演出するパス技術を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、FWの選手に習得してほしい中央のスペースをあけるオフザボールの動き〜ワンタッチパス技術のトレーニング方法についてご紹介していきます。

FWの選手はただゴールを狙っていればよいというわけではありません。

時には味方のためにゴール前のスペースをあけるオフザボールの動きや、味方のゴールを演出するアシスト能力も求められます。

それでは、トレーニング方法やポイントについて詳しく解説していきましょう。

オフザボール〜ワンタッチパスのトレーニング

トレーニング方法

  • ペナルティエリア中央にマーカーを1つ置いてポイントを作る。
  • ポイントから少し離れた斜め方向にマーカーを置く。
  • 離れたマーカーの選手がボールを持つ。
  • 中央のマーカーには2人ずつ並ぶ。
  • 中央の1人がサイドに流れる動き出しをし、そこにパスを出す。
  • パスがきたらワンタッチで中央に残っている選手にパス。
  • シュートで終わる。

詳しい解説

CFの選手が中央のスペースをあけるために、わざとサイドへ流れることで相手CBは流れた選手に気を取られます。

そうすることで中央へのスペースができ、ほかの選手がフリーで走り込めるのです。

このようにFWの選手はほかの選手をフリーにするためのオフザボールの動きも非常に重要になります。

今回のトレーニングでも、サイドに流れてマークを引き出し、中央にスペースへあけたところにワンタッチでパスを出すイメージをもちながらプレーして下さい。

より実践に近づけるために、DFを置くのも良いでしょう。

ポイントとして、サイドに流れるときに必ず中央のスペース・選手を確認することです。

サイドに流れたFWの選手は1度中の状況を首を振って把握してからパスをすることが非常に重要になります。

なぜなら自分がサイドに流れたことで、中央にスペースができているのか、選手が走り込んでいるのかを把握するためです。

オフザボールの動きと首振り、そしてパス。これらの一連の動作をスムーズに行えるように意識して取り組んで下さい。


動画:youtube[Firmino’s Role at Liverpool | Player Analysis]

◆関連記事◆
世界で活躍するFWは「オフザボール」に長けていた!習得するべきオフザボールの動き4選ご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です