ストライカー必見!GKとの1対1を確実に沈められるテクニックを習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、GKとの1対1で簡単にシュートを決められる技術のトレーニング方法についてご紹介きていきます。

GKとの1対1は攻撃側が有利と言われていますが、実際その場面がくるとどこにシュートを打てば良いのか、GKをかわすべきなのか悩んでしまう子もいるのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介したいのは、簡単にGKを騙してシュートを決められる技術です。この技術を習得すれば、GKとの1対1が苦手だった子も必ずシュートを決められます。

それでは、トレーニング方法を詳しく見ていきましょう。

GKとの1対1のトレーニング

トレーニング方法

  • ペナルティエリアの少し離れた位置からドリブルを開始。GKとの1対1を行う。
  • プレー時間を設定する。6〜8秒でシュートまで完結するようにする。
  • シュートをするときにただシュートを打つのではなく、1回アウトサイドまたはインサイドで横にずらしてから逆方向へシュートを打つ。

ポイント

ポイントとして、ただシュートを打つのではなく、1度アウトサイドまたはインサイドでボールをずらすこと。

1度ずらすことで、GKは体重を移動させ対応しようとします。さらにドリブルでかわしてくると考えるかもしれません。

1度触ってGKの重心がずれた瞬間に、逆方向へシュートを打つ。そうすることでGKは対応することが難しくなります。

とてもシンプルですが、重心をずらされるとなかなか逆方向へ素早く移動することは難しい。

ぜひ参考にして取り組んで下さい。


◆関連記事◆
目指せストライカー!素早いコントロールからのシュート技術が劇的に上手くなる練習メニューをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です