相手を完全にかわす必要なし!ボール1個分ずらして打つシュート技術を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、DFに対して少しボールをずらして打つシュート技術についてご紹介していきます。

よくプロ選手の試合でも、ゴール前でDFを抜ききる前にシュートを打ち、得点を決めるシーンはよくある。

このシュートはゴール前では特に有効なシュート技術であり、小学生でも簡単に習得できます。

そこで、DFに対して少しボールをずらして打つシュートのトレーニング方法を、実際のプレー動画を見ながら詳しく解説していきましょう。

少しずらして打つシュートのトレーニング

トレーニング方法

  • ペナルティエリア付近にコーンを3つ並べて置く。
  • コーンの近くに1人、その横に1人がボールを持って立つ。
  • 横からパスを出し、ワントラップ。トラップ後左右どちらかにボールをずらしてすぐシュート。

詳しく解説

まずはこちらの動画1:13の場面をご覧ください。

実際にDFに対して、ボールを1つずらしてすぐシュートを打ちゴールを決めています。

とてもシンプルな動きですが、この動画のように、ボール1個分のスペースができればシュートは決まる。

特にゴール前ではフリーでシュートを打つことは難しいです。だからこそこのように少しずらして打つシュートの技術が求められます。

ポイントとしては、ボールをずらしてからシュートまでの動きを素早く行うことでしょう。

ボール1個分のスペースは常にあるわけではありません。ボールをずらした一瞬だけです。この一瞬の時間でいかに素早くシュートまでいけるかが、決まるか決まらないかの差でしょう。

ぜひトレーニングから、ずらしてからシュートまでのスピードを意識して、取り組んで下さい。


◆関連記事◆
【練習メニュー】DFを抜いたら3秒以内にシュート! ピッチを広く使ったコーディネーションとフィニッシュのトレーニング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です