後ろを向いた状態から「1発」で相手をかわすターン技術を習得しよう!

今回は、後ろを向いた状態から1発のターンで簡単にDFをかわせる技術についてご紹介していきます。

特にFWの選手は相手ゴールに背を向けてボールをもらう場面がある。このような場面で後ろからきたDFをターンしてかわせれば、一気にチャンスになります。

技術やポイントなどを習得すれば、小学生の子でも後ろ向きの状態からDFをかわせるようになるでしょう。

そこで、後ろを向いた状態から1発のターンでDFをかわすトレーニング方法や、実際のプレー動画を参考に詳しく解説していきましょう。

後ろを向いた状態からのターントレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを1つずつ置いて、ポイントを2つ作る。
  • ポイントの間に1人立つ。
  • ポイントの1人がパスをだし、もう1人のポイントは間の選手にプレッシャーをかける。
  • 間の選手はプレッシャーをかけてくる選手に対して後ろ向きの状態から1発のターンで前を向く。

 

詳しく解説

まずはこちらの動画0:25の場面をご覧下さい。

 

ロナウド選手が後方から縦パスを受けると、DFが後ろからプレッシャーをかけてきていることを把握したうえで、1発のターンでかわしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です