後ろを向いた状態から「1発」で相手をかわすターン技術を習得しよう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

後ろを向いた状態から1発のターンで簡単にDFをかわせる技術について紹介していきます。

特にFWの選手は相手ゴールに背を向けてボールをもらう場面がある。このような場面で後ろからきたDFをターンしてかわせれば、一気にチャンスになります。

技術やポイントなどを習得すれば、小学生の子でも後ろ向きの状態からDFをかわせるようになるでしょう。

そこで、後ろを向いた状態から1発のターンでDFをかわすトレーニング方法や、実際のプレー動画を参考に詳しく解説していきましょう。

後ろを向いた状態からのターントレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを1つずつ置いて、ポイントを2つ作る。
  • ポイントの間に1人立つ。
  • ポイントの1人がパスをだし、もう1人のポイントは間の選手にプレッシャーをかける。
  • 間の選手はプレッシャーをかけてくる選手に対して後ろ向きの状態から1発のターンで前を向く。

詳しく解説

まずはこちらの動画0:25の場面をご覧下さい。

動画=YouTube:Cristiano Ronaldo 2019/2020 – Best Dribbling Skills – HD

ロナウド選手が後方から縦パスを受けると、DFが後ろからプレッシャーをかけてきていることを把握したうえで、1発のターンでかわしています。

このようにDFに対して背を向けた状態からでも、1発のターンで簡単にかわし、前を向けるのです。

このターンのポイントとしては、まずはDFがどこからプレッシャーをかけてきているのかを把握すること。DFの存在に気づかずにターンしてしまうと、ボールを奪われるリスクがとても高いです。

ボールを受ける前に首を振って、DFを把握するようにしましょう。

さらに動画0:25の場面でいうと、ロナウド選手に対してDFは左側からプレッシャーをかけています。そうなるとロナウド選手は敵のいない方向右側へコントロールするのが普通。

しかしレベルの高いDFはその瞬間を狙ってきます。逆に考えると、ボールを受けるときにはDFの狙っている逆方向へターンすれば良いのです。

ロナウド選手は右足で右側へコントロールすると見せかけて、左側へターンをしました。この1つ逆の動きをしただけで、簡単にDFをかわすことができます。

トレーニングでも、首振りと相手を騙し逆をとるイメージを持って取り組んで下さい。


◆関連記事◆
試合で活かせる正確なパスとコントロールを意識して「キレのある素早いターン技術」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です