斜め45度からのシュート技術を高めよう!意識するべきことやトレーニング方法をご紹介!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は「斜め45度からのシュート技術」についてご紹介していきます。

ゴールに対して斜め45度の位置、ペナルティエリアの角付近からフォアサイドへ向かってカーブをかけて決めるシュート。プロ選手ではこの角度からのシュートを得意とする選手が沢山います。

そこで、斜め45度からのシュートで意識するべき点やトレーニング方法について詳しく見ていきましょう。

斜め45度からのシュートで意識するべきこと

斜め45度からのシュートにはいくつかポイントがあります。

まずフォアサイドを巻くようにシュートする際に、狙うべき位置はゴール枠内ではなく、ゴールポストよりも少し外側。つまりゴールの枠外を狙って打つと入りやすいです。

なぜならカーブをかけているため、ポストより少し外側を狙うことにより、枠内の良いコースへシュートが飛びます。

枠内を狙ってしまうと、カーブすることでゴールの内側・GKの近くへシュートが飛んでしまうため、GKは止めやすくなるでしょう。


動画:youtube[HOW TO SHOOT LIKE COUTINHO – ACADEMY LEVEL TECHNIQUES FOR 14 YEAR OLD FOOTBALLERS]

参考にして欲しいのが、上記の動画です。ブラジル代表のフィリペ・コウチーニョ。彼はテクニックとシュート力に優れ、中でも斜め45度のシュートが強烈です。シュートコース・スピード・正確さどれも完璧で、自身の武器でもあります。相手からすると、コウチーニョがペナルティエリア付近でボールを持つと、とても怖い選手だと感じるでしょう。シュートまでのボールの持ち運び方や置き所もとても参考なります。

斜め45度からのシュートのトレーニング

トレーニング方法

  • ゴールから斜め45度の位置、ペナルティエリアの角付近にコーンを置く。
  • コーンの真横からパスを受けて、コントロールしてからすぐシュート。
  • シュートはフォアサイドを狙い、カーブをかけて巻くようにコースを狙う。

ポイント

  • 狙うコースはゴールポストの少し外側。カーブをかけて少し曲がるイメージでシュートを打つ。
  • 強いシュート・ふわっとコースを狙ったシュートなど、バリエーションを意識して打てるとなお良い。

シュートの狙うコースは、ゴールポストの少し外側です。少しカーブをかけることでサイドネットギリギリに決めることができます。

さらにこの角度のシュートでも、鋭いシュートだったりふわっとしたコースを狙ったシュートだったり、バリエーションを多く持つとGKも防ぐことが難しくなるでしょう。

同じ角度からでもパターンは豊富。ぜひ意識して取り組んで下さい。


◆関連記事◆
シュートバリエーションを増やして「斜め45度からのシュート」を確実に決められる選手になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です