センタリングだけじゃない!「ニアサイドへのシュート」という選択も視野に入れてプレーしよう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は「センタリングと見せかけニアサイドにシュートを打つ技術」についてご紹介していきます。

ゴール前、サイド寄りでボールを受けたときにまず考えることはどんなプレーでしょうか。多くの子がセンタリングを考えるかと思います。

これは相手選手も同じであり、サイド寄りでボールを持っている選手に対して、センタリングのケアを意識してくる。

こんな場面で選択の1つとして覚えて欲しいのが、「ニアサイドへのシュート」。

そこで、センタリングと見せかけてニアサイドを狙うときに、意識するべきことやトレーニング方法について詳しく見ていきましょう。

センタリングではなくニアサイドへのシュートを狙う

ゴール前のサイド寄りでボールを受けたとき。センタリングではなく、ニアサイドのコースを狙って鋭いシュートが打てると得点する可能性が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です