アウト・インのドリブル技術を習得しよう!これができれば密集地帯でも華麗にプレーできる!

そんな時にぜひ習得してほしい技術が、「アウト・イン」の細かいタッチ。ダブルタッチと呼ばれる両足のインサイドを使った技がありますが、それと似ています。

簡単に言うと、アウトサイドで抜いていく場面をアウトサイドで横にずらして、インサイドで縦方向へ抜いていくというイメージ。両足インサイドでは、インサイドで横にずらしてインサイドで縦方向へ出す。この1回目のインサイドをアウトサイドで行う技術です。

 

アウト・インのタッチで意識するべきこと

アウト・インのタッチの場合、一連の流れを片足のみで行います。そのため細かいステップを意識する必要があるでしょう。

またアウトサイドでボールを横へ出す時は、真横ではなく少し斜め後ろ。これはダブルタッチでも同じですが、相手の足が届かない位置にボールを置くためです。

1タッチ目で足手の足をずらし、2タッチ目で抜いていくイメージを持ちましょう。

このプレーができるようになれば、密集地帯でも正確にボールをコントロールでき、2人目がきたとしても素早く対応できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です