切り返すときに有効な技「クライフターン」を習得しよう!意識するべきことやトレーニング方法をご紹介!

ボールを切り返したいとき、どんな切り返しをするでしょうか。インサイドやアウトサイドなどを使って切り返す子が多いと思いますが、ぜひ取り入れて欲しいのが「クライフターン」。

これは切り返すときに軸足の後ろを通す技術で、普通のインサイドの切り返しとはボールを転がる位置が違います。この少しの位置の差が正確に切り返すせるかどうかの差にもなるでしょう。

そこで今回は、なぜクライフターンが良いのか。意識するべきことやトレーニング方法についてもご紹介していきます。

普通の切り返しよりもクライフターンを選択すべき

ドリブルをしているときに方向を変えるために切り返すときや、キックフェイントをして切り返すとき。これらの時に切り返しを必ず行いますが、普通にインサイドで切り返すよりも、クライフターンをして切り返したほうがボールを奪われる可能性が低くなります。

切り返しをするとき、DFはどんな動きをしてくるでしょうか。基本的に足を出して切り返してきたボールに触ろうとします。

この時普通にインサイドで切り返した場合、ボールと相手の足の距離が近い。ですが、クライフターンでは軸足の後ろ側を通すため、DFの足とボールの距離が少し遠くなります。

ボール1個分くらいの差ですが、それだけボールを奪われるリスクが減るのです。相手との距離を考えられた技が「クライフターン」でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です