クロスの質を高めるために〇〇を意識しよう!ポイントやトレーニング方法をご紹介!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

サイドを駆け上がりゴール前へクロスを上げる。決定的なチャンスのシーンですが、このクロスの質が悪ければゴールを決めることはできません。クロスを入れるときにどんなことを考え、どこを狙ってクロスを上げようとしていますか?クロスは何も考えず、ただ上げれば良いだけではありません。どこに出せば得点に繋がるか考える必要かあります。

そこで今回はクロスを上げるときに意識するべきこと、トレーニング方法についてご紹介していきましょう。

クロスを上げるときに意識するべきこと

クロスを上げるときにはどこへ出せば得点を決められる可能性が高くなるのかを考えなければなりません。そのためにはいくつかポイントがあります。

GKとDFラインの間へ出す

まず狙いたいエリアとして、「GKとDFラインの間のスペース」このスペースにクロスを上げることにより、攻撃側はスピードを緩めずにそのままのスピードでシュートまでいけます。

さらに相手DFも同じように自陣のゴールに向かって走っているため、クリアがしづらい。GKも飛び出すべきなのか一瞬悩むため、DFとしてはとても扱いづらいクロスです。

まずはこのエリアを狙ってクロスを上げるようにしましょう。

マイナスのスペース

マイナスのスペースも必ず狙っておかなければいけません。DFは自陣ゴールへ向かって走っているため、そのマイナスのスペースをケアするのが難しい。攻撃側は全員がゴール前へ入り込むのではなく、あえてスピードを落としマイナスのスペースで受けるようにしましょう。

クロスを上げるときにマイナスの選手がフリーでいれば、そこを狙うべき。クロスはゴール前に上げるだけではなく、様々なスペースを把握し、確率の高い場所へ出すように心がけてください。

クロス〜シュートのトレーニング

トレーニング方法

  • FW3枚、DF2枚、クロスを上げる1人に分かれる。
  • センターサークルの少し前からスタート。クロスを上げる選手がサイドを走り、そこにFWの選手がパスを出す。
  • FWはゴール前へ走り、DFは2枚で対応する。
  • クロスを上げる選手は中の状況を確認し、得点の確率が高いエリアへクロスを上げる。

ポイント

  • FW3枚、DF2枚のため必ず1人はフリーになる。その選手を見逃さない。
  • FWは入るコースをかぶらないようにする。必ず1人マイナスのポジショニングをとる。
  • クロスは緩いボールではなく鋭く速いボールを出す。

このトレーニングでは、攻撃側が数的有利な状況になります。そのためクロスを上げる選手はフリーな選手を探し、クロスを上げるようにしましょう。

またFWもポジショニングを被らないように動き出さなければいけません。3枚であればニア・フォア・マイナスに分かれて入るようにしましょう。そうすることでクロスを上げる選手の選択肢が多くなります。

そしてクロスのボールは緩いボールではなく、鋭く速いボールを上げること。フリーの選手へクロスを上げたとしても、ボールが緩く弱ければプレッシャーをかけられる時間ができてしまいます。必ず鋭いボール、質の高いクロスを上げられるようにしましょう。


◆関連記事◆
DFとGKの間に「正確なアーリークロス」を上げられるようになるトレーニング法をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です