【小学生向け】ボディフェイントで相手を抜ける技術を習得しよう!

ボディフェイントはとてもシンプルな動き・フェイントですが、相手の逆をつくのにとても適したフェイントです。特にドリブラーの選手はよく使う選手が多く見受けられます。

ボディフェイントは決して難しいものではないため、小学生の時から身につけておくべき技術でしょう。

そこで今回は、ボディフェイントで意識するべきことやトレーニング方法についてご紹介していきます。

ボディフェイントで意識するべきこと

ボディフェイントはシンプルな動きですが、しっかりポイントを押さえて取り組めば必ず相手の逆をつける技です。スピード関係なくどんな場面でも効果的に使用でき、ぜひ小学生の時から練習してほしい技でもあります。

まずボディフェイントで意識するべきことは、相手を騙すこと。自分が右側へボールを運びたい場合、相手には左側にくると思い込ませるように体の重心を倒すことが重要。

普段前を歩いている人が急に進行方向を変えて自分の方に向かってきたらびっくりするかと思います。人間は体が向いている方向へ進むと思い込んでいる。ボディフェイントも同じように左側に体を持っていき、左側へくると思い込ませることが重要です。

そうすることで相手の重心もずれ、その瞬間に本来行きたい方向、右側へボールを運ぶことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です