小学生必見!パスコースのない中でループパスを出せる技術を習得しよう!

ループパスはパスコースのない場面で、簡単に局面を打開できてしまうパス。パスのバリエーションも増え、様々な場面でチャンスを作り出せます。しかしあまりループパスを教わる機会はないかもしれません。

そこで今回はループパスで意識するべきこと、トレーニング方法についてもご紹介していきます。

ループパスで意識するべきこと

「パスはゴロで出せ!浮き球のボールは受け手が扱いづらい」こう教えられたことのある子もいるかと思います。確かに浮き球のボールはゴロのボールに比べるとコントロールはしづらい。しかし試合中全てのプレーが、ボールが地面に付いている状態なのか。決してそうではない。浮き球のボールも正確にコントロールできる能力が必要で、浮き球のボールを出せる能力も必要です。

ループパスはパスコースのないエリアで有効的に使えるパス。ゴール前で出せれば決定的なチャンスへ導けるパスです。

まずループパスを出すときにイメージするべきことは、ボールをすくい上げてふわっとしたボールを蹴るイメージ。蹴るというよりは足に乗せて押してあげるようなイメージに近いかもしれません。

またループパスと聞くと、頭を超える浮き球のパスと思う子も多いですが、頭の上まで上げなくても、相手が足を出してきたときにその足を越せるくらいの高さで出すなど、その場の状況で高さを調節することが可能です。

ゴロパスでは足に当たってしまう場面でも、少しボールを浮かすだけで簡単に通ってしまいます。

そして意識するべきこととして、味方の足元に出すというよりは、スペースへ向かってパスを出す意識を持つこと。特にゴール前では相手の裏のスペースへボールを落とすようなイメージで出すと、受け手もスピードを落とさずにシュートまで行けます。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です