目指せルイス・スアレス!あえてボールに触らずにターンする技術を習得しよう!

photo:ニコニコニュース

ウルグアイ代表・FCバルセロナで活躍するルイス・スアレスをご存知でしょうか。世界でも有数のストライカーであり、常に相手に脅威を与え続ける素晴らしいプレイヤーです。

そんなスアレスが得意とするプレーの中で、相手を背負った状態でボールを受けると、ボールに触らずに反転して相手と入れ違うプレーがあります。これは1発で相手を出し抜くのに有効なターンであり、成功すれば決定的なチャンスへと繋がる。とくにFWの選手には見習ってほしい技術の1つです。

そこで今回は、スアレス選手が得意とするボールに触れずにターンする技術のポイントやトレーニング方法についてご紹介していきます。

ボールに触れずにターンするためには

まずボールに触れずにターンをするためには、相手を背負った状態が有効的。なぜならブロックしながら相手の進路を塞ぐことができ、なおかつボールと相手の間に自分の体を入れることで、ボールを隠すことができるからです。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です