サッカーでは「止まる」動きも重要!進むだけの選手よりもあえて止まれる選手になろう!

サッカーをプレーする上で進む動きだけでなく、止まる動きもとても重要。この止まる動きはボールを持っているときも持っていないときも必要な動きで、静→動、動→静の一連の動きがスムーズにできる選手になる必要があります。

そこで今回は止まる動きの大切さやトレーニング方法についてご紹介していきましょう。

なぜ止まる動きが重要なのか

なぜ止まる動きが重要なのか。サッカーは短距離走のように100mを全力で走りきったり、長距離走のように長い距離を走り続ける能力が求められているわけではありません。

もちろん長い距離をダッシュしたり、1試合動き続ける体力も必要です。しかしサッカーでは単純にダッシュをし続けるのではなく、ダッシュしたりランニングしたり、歩いたり止まったり、細かいステップを踏んだりなど、1試合の中で様々な動きをその状況に合わせて行わなければいけません。

これらの動きには必ず静→動、動→静があり、この動きがスムーズにできるようにすることで、パフォーマンス向上にも繋がるでしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です