小学生から意識するべき〜狭い局面を打開できる選手は○○の能力に優れている〜

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

狭い局面をどう切り抜けていくのか。現代サッカーでプレーしていくためには、この能力が求められる。コンパクトな守備で強固なラインを形成するチームが増え、プレーできるスペースが狭くなっています。

しかし考え方を変えると、狭い局面を打開できればその先には新しいスペースが生まれる。2〜3人のディフェンスから抜け出すことで、味方にフリーな選手が生まれます。

しかし狭い局面を打開するのは簡単ではありません。技術だけでなくプレービジョンや状況把握力などが求められるからです。

どのようなプレーを心がければ狭い局面から抜け出せるのか。これは小学生年代から意識して取り組む必要があるでしょう。

狭い局面を打開するためには

「上手い選手」が局面を打開できるというわけではありません。確かに技術がありボールコントロールに優れていればより局面を打開しやすい。しかしそれだけで成功するほど、現代サッカーは簡単ではありません。

狭い局面を打開するためには、技術+判断力・高いプレービジョンが必要です。今自分がどんな状態で、味方が何をしようとしているのか。敵がどこにいてどこにスペースがあるのか。これらの認知を素早く行い、的確に判断しプレーに繋げる必要があります。

これらを考えるタイミングはいつかというよりは、プレー中は常に考えること。ボールを保持していてもしていなくても、常に頭を働かせ考えること。これがとても重要です。

実際にパスがくる前に、いくつかのプレーを選択しボールを触ったときにはプレーの決定をしていなければいけません。これらのプレーを瞬時に行える選手が、狭い局面でも冷静に判断し打開できる選手へとなるでしょう。

狭い局面を打開できるトレーニング

トレーニング方法

  • 縦横5mほどの正方形を作る。
  • 1対4+1を行う。
  • 1は攻撃側。正方形の真ん中に立つ。
  • 4は守備側。それぞれのマーカーの位置に立つ。
  • +1はパスの受けて。どこでも良いのでマーカーからマーカーのライン上に立つ。
  • 攻撃側がパスを受けてトラップしたらスタート。その瞬間に4人が一斉にボールを奪いに行く。
  • 攻撃側はドリブルで突破するか+1の人をうまく使ってパスで抜け出したりしてライン突破を狙う。
  • 守備側は奪ったら+1にパスしたら終了。

ポイント

  • 守備の選手の状況に合わせ、360度どの位置にもボールをコントロールできるようにする。
  • ドリブルで突破するべきなのか、パスで逃げて動き直すべきなのかを一瞬のうちに判断し、正確に実行する。

守備側は四方八方からプレッシャーをかけてきます。そのため常に顔を上げ、360度どの位置にもコントロールできるように準備しなければいけません。

さらにこのトレーニングでは4つのラインのどこかにドリブル突破するか、+1をうまく使ってライン突破するかのパターンがあります。これらのプレーを敵のプレッシャーにあう前に瞬時に判断し、素早くかつ正確に行う必要がある。そのためには先ほどもお伝えしたように、顔を下げずに常に周りを見ながらプレーすることが重要でしょう。

このトレーニングでは、ディフェンスの状況を認知しプレーを素早く選択すること。的確にプレーすること。顔を上げ360どの位置にもボールを運べる準備をすること。これらを意識して取り組んで下さい。


◆関連記事◆
【小学生向け】 ボールタッチの技術とアジリティを同時に高められるトレーニングをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です