背後を取られる守備と取られない守備の違いとは?意識するべきことや、トレーニング方法をご紹介!

守備時に自分の背後を取られてしまう。これは1番やってはいけない守備です。背後を取られるということは、守備ラインを突破されたことであり、相手に数的有利な状況を作り出してしまいます。特にMFとDFの間に縦パスを良い形で入れられてしまうことは避けなければいけません。

そこで今回は、MFの選手が守備時に背後を取られないように意識するべきことや、トレーニング方法についてご紹介していきます。

守備ラインの背後を取られてはいけない

守備ラインの背後を取られるということは、相手に決定的なチャンスを作り出されてしまう危険性がある。それを阻止するために、強固な守備ラインを形成し、自分の前のスペースやマークする選手だけを見るのではなく、背後のスペースも気をつけなければいけません。「背中にも目をつけること」これが重要です。

では自分の背後を取られないためには何をするべきなのか。MFの選手であればDFとの細かい連携は欠かせません。MFのは背後をずっと見ながらプレーすることは不可能。そのため状況を把握できるDFがMFに指示を出し、的確にポジショニングを修正させることが必要です。

さらにMF自身も何度も首を振り後方のスペース、相手FWがどこにいるのかを気にする必要があります。自分でも確認しながら、DFの指示に沿って細かくポジショニングを修正する。

背中にも目をつけるためには、これらのことが重要でしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です