縦パスを入れることの意味&入れた後の動き方を同時に学ぼう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

攻撃をする中で、スピードを上げたりアクセントをつけることで相手の守備陣形を崩せます。そこで1つ意識してプレーするべきなのが「縦パス」。縦パスは攻撃に変化を加えられ、スピードを上げるギアにもなります。さらに縦パスを出した後、どのように動いて攻撃を活性化させるかが重要です。

そこで今回は、縦パスを入れた後の動き出しやポイント、トレーニング方法についてご紹介していきます。

縦パスを出した後の動き出し

縦パスが入ることで、前に行くスピードが上がります。横パスでリズムを作りながら、縦パスを入れな瞬間にスピードを上げる。これは戦術の1つとして基本的なことでもあります。

しかし縦パスを入れたとしても、そのあとの攻撃の厚みを出せなければ無駄なパスになる。縦パスが出たあと、どのように攻撃に絡んでいけるのかが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です