オフザボールの動きの質を高めよう!~3人目の動き編~

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

3人めの動きを意識してオフザボールを理解する

得点を取るためにオフザボールの動き、その中でも3人目の動きはとても重要です。ディフェンスはなかなか3人目の動きは把握できなかったり、対処が難しいため特にゴール前では積極的に動き出すことが重要です。

そこで今回は3人目の動きで意識するべきことやトレーニングについてご紹介していきます。

3人目の動きで意識するべきこと

Photo:unsplash.com[Jeffrey F Lin]

3人目の動きは攻撃のアクセントとしてとても有効的です。複雑な動きの中で素早くパスが回ることで、相手ディフェンダーもマークがしずらくなり対応に遅れます。

そして成功させるためには意識するべきことがあり、まずはポジショニングを被らないように行うことが重要。これは3人目の動きに問わず、ポジショニングを被らせないことは特にポゼッションを思考するチームには重要なことです。

しかし、中にはあえてポジショニングを被るように動き出し、パスを出されたボールを1人がスルーして動き直し、2人目が1人目にパスを出すといったアクセントとなる攻撃も可能です。

しかし、その場合は意思の疎通がなければいけません。お互いが同じ意図をもってプレーしていることが重要です。

◆関連記事◆
【動画付!】相手がいればトレーニング効果アップ!自主トレに最適な2人組のトレーニングを紹介!

3人目の動きのトレーニング

Photo:Pixabay.com[leezathomas099]

トレーニング方法

  • ペナルティエリアのラインに1人(①)。その4m先に1人(②)。さらに4m先に1人(③)立つ。
  • まず③から②にパス。
  • ②は③にパスを返し、左右どちらかに動き出す。
  • ①は②の動き出した方向とは逆に動き出し、③からパスを受ける。
  • ①から②へパス。
  • ②にがシュートを打つ。

ポイント

このトレーニングは、全てのプレーをワンタッチで行いましょう。ゆっくりではなく、スピードを意識して取り組むようにしてください。

ポイントとして①と②が左右に動き出すとき。ここの動きを被らせないように動き出すことで、相手がいた場合はパスを受けた①へプレッシャーが集中します。そこで②が攻撃に絡む(3人目の動き)ことで、シュートまでいけるチャンスを作り出せるでしょう。

またスピードは動き出しはもちろん、パススピードも上げるようにしましょう。ゴール前ではゆっくりとしたパス回しでは崩せません。動きとパスの両方をスピードアップして行うことで、より効果的にシュートまでいけます。

動きを被らせない。スピードを上げる。この2つを特に意識して取り組んでみてください。

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
【動画付!】相手がいればトレーニング効果アップ!自主トレに最適な2人組のトレーニングを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です