FWの選手必見!オフザボールの動き「ウェーブ」を習得しよう!

オフザボールの動き・ボールを受ける動き方はサッカーの中で非常に重要です。特にFWの選手はボールの受け方がうまくなければ、DFのレベルが上がるにつれボールを受けられなくなります。

そこで今回は、オフザボールの動きの1つ「ウェーブの動き」について、トレーニング方法なども含めてご紹介していきましょう。

 

ウェーブの動きとは

ウェーブの動きとは、膨らんでボールを受ける動き。例えばMFの選手が前を向いてボールを受けたときに裏へ抜け出す動きをする。そのときにただまっすぐ動き出すのではなく、ウェーブの動き・少し膨らんでボールを受けようとすることで、ボールを出す選手と受ける選手両方がプレーしやすい状況になります。では、ウェーブの動きをすることでどんな良い状況がうまれるのでしょうか。

 

ボールを出す選手:パスコースの選択肢が増える

まずボールを受ける選手がウェーブの動きをすることにより、ボールを出す選手のパスコースの選択肢を増やせます。もしそのまままっすぐ裏へ動き出したとすると、当然DFは対応しやすくなり、ボールカットやオフサイドも狙える。パスコースもDFのポジショニング次第で無くなってしまいます。

しかしウェーブの動き・膨らむことにより、マークしていたDFとの間に少しのスペースができます。その少しのスペースを作り出してくれることで、ボールを出す選手は出しやすい状況になるでしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です