高校生向け〜ダッシュ力とシュート技術を身につけよう!トレーニングをご紹介〜

サッカーでは前後左右に様々な動きをしますが、一瞬の瞬発力やゴール前に走り込むダッシュ力も必要です。特にFWの選手はゴール前へのダッシュ力やスピードが求められます。レベルが上がるにつれ、単調な動きではマークを外せません。シュートを決めるためにはマークを外せる動きやスピードが必要です。

今回はダッシュ力とシュート技術を身につけるトレーニングをご紹介していきます。

 

ダッシュ力とシュート技術を身につけるトレーニング

トレーニング方法

  • コーンをある程度間隔をあけて8つほど置く。
  • コーンの間をジグザグにダッシュしながら走っていく。
  • 最後のコーンを抜けたら横からパスをもらい、ワントラップしてシュート。
  • シュートはサイドネットの位置にコーンを置き、そこをめがけてシュートをうつ。

 

トレーニングの意図

  • ジグザグにダッシュをすることで、ゴール前で相手マークを振り切る動きを身につける
  • ダッシュした後にすぐシュートを打たせることで、疲労が溜まった中でも正確にシュートを決められる技術が身につく。
  • サイドネットのコーンを狙わせることで、試合中でも良いコースにシュートが打てるようになる。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは

 

  • ダッシュの姿勢のままコーンをジグザグに走る。
  • シュートは強くよりもコースを狙って打つ

 

この2つが挙げられます。

コーンをジグザグに行く際に、サイドステップや細かいステップで進むトレーニングなどもありますが、今回はダッシュのままジグザグに走るイメージです。スピードをなるべく落とさず、一瞬のスピードでマークを外す感覚を身につけましょう。

またダッシュとシュートを合わせることで、より実践向きになります。試合中は何度もダッシュを繰り返し、後半になれば疲労感も溜まります。その中でいかに正確なシュートが打てるか。この能力は特にFWの選手は持ち合わせていなければなりません。

さらにゴール前でのシュートを想定しているため、強く打つというよりも、ゴールのサイドネットに流し込むのようなイメージでシュートを打ちましょう。もちろん強いシュートが打てるのは大事なことですが、たとえ強いシュートが打てなくてもコースを狙ったり、タイミングをずらすことができればシュートは決まります。

今回のトレーニングでは

  • ダッシュの姿勢のままコーンをジグザグに走る。
  • シュートは強くよりもコースを狙って打つ

この2つをしっかり意識して取り組んでください。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です