サッカーがうまくなる=瞑想する?瞑想の驚くべき効果を紹介!

サッカーに瞑想?と思われるかもしれませんが、瞑想にはサッカーに必要な能力をアップさせます。瞑想の効果や瞑想を取り入れているサッカー選手、具体的なメニュー、瞑想がサッカー選手に与えるメリットを紹介します。

瞑想はサッカーにこれだけ効果がある!

集中力や注意力アップ、冷静さが高まるなどの効果がスタンフォード大学や数多くの研究機関でわかっています。

・注意力が上がり、ミスが減る
・集中力が上がり、常に高いレベルでプレーできる
・冷静さも高まり、無駄な反則が減る

などサッカー選手に欠かせない能力を向上させます。

瞑想は続ければ続けるほど効果があります。たとえ1日3分でも効果があるので、習慣化させましょう。

瞑想を取り入れている有名サッカー選手は?

クリスティアーノロナウドや南野選手、長友選手、トーマストゥヘルなど名だたる選手、監督が瞑想を取り入れています。

またサッカー界にとどまらず、ジョコビッチやマイケルジョーダン、イチローなど錚々たるアスリートが瞑想を実践していることがわかっています。

瞑想のメニュー5つ紹介!

・15秒の深呼吸
1回15秒ほどです。鼻から吸い、口から息を吐きます。吐き切ることを意識し、3分ほど続けます。1回だけでも効果があります。

・食べる瞑想
落ち着ける環境を作り、食材ひとつひとつを味わって食べます。味、食感、風味などを感じ、食べること以外は考えません。

・歩行瞑想
足の裏に集中する瞑想です。
「左足親指が床についた、つちふまずがついて、かかとがついて、離れた」、といった具合に細かく意識を集中させます。最初は「左足がつく、右足ういた」くらい簡単にしましょう。

・ボディスキャン
姿勢は自由です。体のパーツひとつひとつに感覚を集中させます。肘のあとは、肩という具合です。パーツは細かくすればするほど効果が高いです。

・慈悲の瞑想
効果が一番高いといわれている瞑想です。
椅子などに座り、背筋を伸ばし、少し前傾になり、目を閉じます。幸せを願い、息を吸うとき「私が幸せでありますように」唱え、吐くとき「私の苦しみがなくなりますように」と唱えます。

まとめ:瞑想でワンランク上のサッカー選手に!

瞑想の効果や瞑想を取り入れているサッカー選手、瞑想の具体的なメニューについて紹介しました。瞑想を行うことで、能力をより高められます。気になったメニューを取り入れ、いつでも高いレベルで戦える心を手に入れましょう!

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です