中学生向け〜ワンツーでゴール前に侵入するプレーを覚えよう!トレーニング方法をご紹介〜

サッカーは簡単に例えると、相手よりも多く得点を入れたチームが勝ちます。逆に言えば得点を取れなければ勝つことはできません。

そして得点をとる確率を上げるためには、少しでも相手ゴールに近づく必要があります。

その中で覚えて欲しいプレーが「ワンツー」。小学生では1人でもドリブルで抜いていけた場面が、中学・高校になっていくと相手のレベルも上がり、スペースもなくなっていくため難しくなります。

そこでワンツーのプレーを武器にしていくことで、ゴール前への侵入がドリブルよりも楽にでき、よりチャンスを多く作り出せるでしょう。

今回はワンツーでゴール前に侵入していくためのトレーニングをご紹介していきます。

サッカーの「ワンツー」とは

ワンツーとは、簡単に言うと「壁パス」のイメージです。壁にパスをすると跳ね返ってきます。同じように人にパスを出してもう一度ボールをもらう動きをワンツーと言います。

ワンツーで崩していくメリットは狭いスペースでも侵入していけることとプレースピードが上がることです。現代サッカーではゴール前にはほとんどスペースがありません。そこをドリブルで切り崩すのはとても難しいですが、ワンツーを使うことで、簡単に切り崩せます。

さらにワンツーはパスを出して次に欲しいスペースへ走り込む動きですが、単純にそのスペースへドリブルしながら行くのと、ボールを持たずにダッシュするのとでは、ダッシュの方が早いです。

そのためドリブルで切り崩すよりもプレースピードがあがり、相手の対応を遅らせられます。

プロの一流選手はゴール前でのドリブルとワンツーの使い分けがとても上手いです。今後レベルが上がってくる中で、ドリブルとワンツーをうまく使いこなせると、ゴール前で違いを作れる選手になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です