高校生向け〜縦パスを通すためには?意識することやコツ、トレーニングをご紹介〜

現代サッカーの狭いスペースのなかで、変化を加える縦パスを通すためには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。

とくに試合をコントロールしなければならない選手には、縦パスを通す能力は必要不可欠です。また近年ではCBの選手にも、パスの組み立て能力が求められています。

サッカーはゴールを取り合うスポーツ。前に進めなければ当然、相手ゴールを破ることはできません。常にゴールを意識してプレーすることが重要です。

高校生の年代に入ると、だんだんと戦術理解度も求められるようになります。指導者の戦術をしっかりと理解した上で、自分のプレーを発揮できる対応力と技術が必要です。

そのなかで縦パス能力が高い選手は、試合にアクセントを加えられ、とくに縦に速い高校サッカーでは、より重要な選手になれるのではないでしょうか。

そこで縦パスの意識することやコツ、トレーニング方法についてご紹介させていただきます。

 

縦パスを通すために意識することやコツについて

縦パスは攻撃にアクセントを加えられ、リズムを変えられるパスです。しかし相手も縦パスを入れられるのを当然嫌がるので、通させないように守備をしてきます。

とくにこれから試合をコントロールできる選手になりたい高校生には、この縦パスは必ず身につけてほしい技術です。

意識することとしては、「相手を騙すこと」。サッカーのなかで相手を騙すことはとても重要なことです。そして縦パスを出す際にも、相手を騙すことが必要になってきます。

縦パスを出すために相手を騙す方法は、「横パス」「体の向き」「目線」です。

 

相手を騙すための横パス

横パスは決して意味のないプレー、逃げのプレーではありません。前に進むために、縦パスを通すために横パスを出すことで、そのスペースを作り出せます。

横パスを多用することで、相手選手の縦パスへの意識をなくし、騙すことが重要です。その隙を作れれば、必ず縦パスを通せます。

 

相手を騙すための体の向き

基本的なインサイドパスを出すときは、体の向きは正面。蹴る方向に軸足のつま先を向けパスを出す方法です。しかし試合中に全てのパスを基本の形で出していたら、相手にはすぐ読まれます。

パスを出すときはもちろん、サッカーをする上で体の向きはとても大事です。

例えば前を歩いている人が、突然向きを変えず後ろに下がってきたら驚くかと思います。なぜなら、体の向きとは違う方向に動くことを予測していないからです。

それはサッカーでも同じ。パスを出すときも体の向きとは違う方向に出すだけで、相手を騙せます。縦パスを狙うときには、横パスを出すような体の向きをつくることで、相手を騙すことができ、縦パスを通せます。

 

相手を騙すための目線

目線で騙す方法も、体の向きとよく似ています。DFは守るとき、ボールを持っている選手の体の向きや目線、ボールの位置などを把握して次のプレーを予測しますが、そこを逆手にとることが重要です。

目線が右に向いていれば、右にくるのではないか?と思いますし、左でも同じ。目線と逆方向にパスを出すことで、簡単に相手を騙せます。

世界で活躍している選手のなかには、縦パスの技術に長けている選手が数多くいます。

例えばFCバルセロナのMFブスケツ選手。ブスケツ選手は戦術理解度が非常に高く、頭の良い選手です。パス能力に長けており、美しいパスサッカーを好むバルセロナの中でも、何年も中心選手として活躍しています。

ブスケツ選手は横パス、体の向き、目線の使い方が非常に上手いです。これらを使い分けられるかどうかで、相手を騙せるかが決まります。

 

縦パスを通すためのトレーニング

トレーニング方法

・マーカーを1つ置く。そこから8m先にマーカーを2つ2mほど間を広げて置く。

・マーカーを1つ置いたところからスタート。

・左右どちらからでも良いので、横パスを受ける(サイドの選手からパスを受けたイメージ。)

・トラップを逆サイドにコントロールし、体の向きと目線も逆サイドに向ける(サイドの選手からボールを受け、逆サイドへ展開するイメージ。)

・そのままの向きで、2mほど広げたマーカーの間に縦パスを通す(逆サイドに展開すると相手を騙して、縦パスを通すイメージ)

 

トレーニングの意図

・体の向きと目線で相手を騙すことを身につける。

・2mほどの間にしっかりとパスを通すことで、狭いスペースでも縦パスが通せる技術を身につける。

・実際の試合を想定しながらプレーさせることで、自然と意識してプレーできるようになる。

 

ポイント

このトレーニングでは、常に相手がいることを想定しながら行わなければいけません。プレッシャーがなければ簡単にできてしまうトレーニングですが、意識を高めることで試合でも同じようにプレーできます。人数が多い場合は、DFをつけて行うのも良いのではないでしょうか。

ポイントとしては先程も触れた、横パスの意識・体の向き・目線。この3つのシンプルな動きで、いかに相手を騙せるのかが重要です。

しかしこればかりを意識してしまうと、肝心な縦パスがミスしてしまいます。縦パスを出す前、ボールをコントロールする前には、どこにいる選手に縦パスを通すのか、そのスペースはあるのかなどを事前に把握しなければなりません。

そのためにはボールを受ける前から首を振って周りの状況を把握することが大切です。状況判断ができなければ、縦パスを通すこともできません。

トレーニングから首を振ることを意識し、状況判断を的確にすることを心がけてください。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です