小学生向け〜ドリブルの緩急を身につけるトレーニング紹介〜

ドリブルはサッカーにとって必要不可欠な技術です。とくに小学生の年代の子は、メッシ選手やネイマール選手のようにドリブルが上手い選手に憧れる子が多いのではないでしょうか。

近年では日本でも1人で崩せるような、ドリブルが上手い選手が多く出てきています。日本代表を見ても中島翔哉選手、堂安律選手、南野拓実選手、久保建英選手など。これらの選手は海外でも活躍しており、日本を代表する選手になっています。

ドリブルが上手くなるためにはどんなトレーニングをして、どんな意識を持つことが大事なのでしょうか。

ドリブルといってもいろいろなタイプの選手がいます。スピードを武器にしている選手もいれば、テクニックを武器にしている選手、ボールを運ぶのが上手い選手もいます。

その中で今回は、「ドリブルの緩急」を身につけるためのトレーニングをご紹介させていただきます。

ドリブルの緩急を身につけよう

ドリブルの緩急とは、ゆっくりとしたスピードから一気にスピードを上げることです。このスピードの変化により、相手を置き去りにできます。

この緩急は誰でも身につけられる技術です。スピードがある選手は変化を加えることで更なる成長ができますし、スピードがない選手もスピードに変化を加えることで、簡単に相手を置き去りにできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です