小学生向け〜ドリブルの緩急を身につけるトレーニング紹介〜

ドリブルはサッカーにとって必要不可欠な技術です。とくに小学生の年代の子は、メッシ選手やネイマール選手のようにドリブルが上手い選手に憧れる子が多いのではないでしょうか。

近年では日本でも1人で崩せるような、ドリブルが上手い選手が多く出てきています。日本代表を見ても中島翔哉選手、堂安律選手、南野拓実選手、久保建英選手など。これらの選手は海外でも活躍しており、日本を代表する選手になっています。

ドリブルが上手くなるためにはどんなトレーニングをして、どんな意識を持つことが大事なのでしょうか。

ドリブルといってもいろいろなタイプの選手がいます。スピードを武器にしている選手もいれば、テクニックを武器にしている選手、ボールを運ぶのが上手い選手もいます。

その中で今回は、「ドリブルの緩急」を身につけるためのトレーニングをご紹介させていただきます。

 

ドリブルの緩急を身につけよう

ドリブルの緩急とは、ゆっくりとしたスピードから一気にスピードを上げることです。このスピードの変化により、相手を置き去りにできます。

この緩急は誰でも身につけられる技術です。スピードがある選手は変化を加えることで更なる成長ができますし、スピードがない選手もスピードに変化を加えることで、簡単に相手を置き去りにできます。

重要なことは「スピードの変化をしっかりつけること」「スピードを変化させる中でしっかりボールをコントロールすること」「相手を騙すこと」です。

緩急をつけるといっても、ゆるい変化では相手を騙すことはできません。スピードの変化ができてもボールをコントロールできなければ、相手に取られてしまいます。

ドリブルの緩急を身につけるためには、相手を騙せる変化とボールコントロール能力が必要です。

 

ドリブルの緩急を身につけるトレーニング

トレーニング方法

・コーンまたはマーカーを1m間隔で5つ置く。

・5つ目のコーンまたはマーカーから5〜8m間隔をあけ、同じように1m間隔でコーンまたはマーカーを5つ置く。

・1m間隔のところではタッチを細かくドリブルをし、5〜8m間隔があるところで一気にスピードを上げてドリブルする。

・次の1m間隔のところで一気にスピードを落とし、タッチを細かくドリブルをする。

 

トレーニングの意図

・1つ目の1m間隔のエリアはスペースのない中でボールコントロールし、そこからスペースへ抜け出し、一気にスピードをあげる。緩→急への変化を身につける。

・スピードをあげたところから2つ目の1m間隔エリアで急激にスピードを落とす。急→緩への変化を身につける。

・スピードの変化のなかで、ボールコントロールを身につけさせることで、どんな状況でも的確にコントロールできる技術が身につく。

 

ポイント

このトレーニングでは、緩→急の変化、急→緩の変化2つの変化が求められます。

サッカーではスピードを上げる変化も大事ですが、スピードを止める変化もとても大事です。この2つの変化に対応できるようになることで、相手を置き去りにできます。

狭いエリアではボールを足元から離さずに、細かいタッチでドリブルすること。そうすることで試合中に狭いエリアでボールをもらったとき、相手がどこからプレッシャーにきても対応できます。

スペースのあるエリアではボールを少し前に蹴り出しながらドリブルすることで、よりスピードを上げられます。

1番大事なことは、スピードを上げてから一気に落とすところです。この変化をするところでは1番ボールコントロールに気を使わなければいけません。

ポイントとしては、大股から小股に変化させること。スピードを落とす少し前から小股にし、ボールを細かくタッチすることです。そのままの大股でスピードを落とそうとすると、コントロールをミスしてしまいます。

ボールコントロールも重要ですが、自分の体もコントロールできるようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です