ボールを扱う技術と視野を広くしたい小学生向けのトレーニング紹介!

今の時代のサッカーでは、どのポジションの選手でもボールを扱う技術、ドリブル・ボールを運ぶ力が必要です。

スペースがどんどん無くなってきている中で、相手を1人抜くだけで、全体に大きなスペースができます。

世界一を決めるクラブワールドカップ2019では、欧州王者のリヴァプールが優勝しました。優勝したリヴァプールには、前線の3トップのサラー選手・フィルミーノ選手・マネ選手に注目が集まっていますが、ボランチやディフェンダーの選手もとても良い選手ばかりです。

世界のトップクラスのチームに共通しているところは、ボールを運べる選手が多くいるという点。リヴァプールでは前線の選手をはじめ、ディフェンダーのジョーゴメス選手やミッドフィルダーのヘンダーソン選手など、後方にいる選手でもボールをしっかり扱え、運べる選手ばかりです。

「ディフェンダーだから」「キーパーだから」ボールをしっかり扱えなくても大丈夫。と思っていては、今後必ず伸び悩みます。成長スピードの早い小学生のときから、たくさんボールに触れボールを自在に扱えるようになることが重要です。

 

ボールを扱えるようになるためには

ボールを扱えるようになるためには、まずはとにかくたくさんボールに触れること。そんなことで?と思うかもしれませんが、小学生の年代には本当に重要です。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です