【ジュニア向けドリブルシュート練習】試合終盤でも正確なプレーをするためのトレーニング!

皆さんこんにちは。ACミランアカデミーでコーチをしているトミーです。

今日は、ジュニア向けのトレーニングをご紹介します。

このトレーニングでは

  • シュート技術
  • ドリブルコントロール
  • DFとの1v1

が鍛えられるトレーニングです。

一つ一つを丁寧にプレーする

普段のトレーニングからドリブルからシュートまでを丁寧に取り組み、反復して体に染み込ませることができれば、試合中でも落ち着いてプレーすることができるようになります。

特に試合中は相手のプレッシャーに加えて、スタミナが落ちてくる試合終盤ではプレー精度が落ちてしまいがち。普段のトレーニングから目的と意識をもって丁寧にトレーニングすることで試合終盤でも正確なプレーでチームを勝利に導くことができるようになるはずです!

少ない人数でも効率的にドリブル・DFを交わしてシュートの練習ができるトレーニングを紹介します!

ドリブルから確実にゴールを奪うトレーニング

【やり方】

  1. ピッチの半分を使いGKを配置
  2. ドリブル用のコーンを複数配置し後ろに半数ずつ選手が並ぶ
  3. 1人目がコーンドリブルを開始
  4. 少し進んだところで反対側の選手もドリブルを開始
  5. 1人目がシュートした後そのままDFになる
  6. DFが終われば反対側に並びなおし繰り返す
  7. 得点数を競う

【ワンポイントアドバイス】

  • ドリブルを丁寧に行う
  • シュートを確実に決める
  • DFを素早くかわす

ドリブルを丁寧に行った後にしっかりゴールを狙ってシュートすることが大切です!ドリブルが雑になったり、シュートが雑にならないよう、一つ一つ丁寧に精度とスピードを意識して取り組むことを意識しましょう。

シュートの前にDFをかわす必要があるのでシュートの打ちやすいエリアにボールを運びながらかわすことができれば理想です!ドリブルも相手をかわすことも最終目標はゴールを奪い試合に勝利することなので最後のフィニッシュまで集中してトレーニングを行いましょう!

このトレーニングは少人数でも効率よくドリブル・シュートのトレーニングを行うことができます!慣れてきたらどんどんスピードを上げてスタミナが切れかかった試合終盤でも正確なドリブルとシュートが決められるように意識して取り組んでみてください!

◆関連記事
【ジュニアユース必須の素早い攻守の切替え】3vs2のショートカウンタートレーニングで時間をかけずに攻め込もう!
【ジュニアユースから始めるビルドアップ!】7vs3+1で攻撃のスイッチを意識した縦パストレーニングを取り入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です