【ジュニアユース~各カテゴリ向け!】相手を崩す反復トレーニングで動きながらコントロールする技術を高める!

皆さんこんにちは。ACミランアカデミーでコーチをしているトミーです。

今日は、ジュニアユース~各カテゴリ向けのトレーニングをご紹介します。

このトレーニングでは

  • パス&ゴーの意識
  • 動きながらボールを受ける技術
  • ワンツーパス
  • 視野の確保

が鍛えられるトレーニングです。

動きながらボールをコントロール

試合中は素早く攻守が入れ替わり、動きながらボールを正確にコントロールする必要に迫られる場面が多くなります。サッカーにおいて動きながらのボールコントロールは基本的な技術で、ファーストタッチをどこに置くかで次のプレーが決まり、一瞬の判断の違いで得点のチャンスを作り出すことができます。

今回は味方とのワンツーパスやスルーパス、相手との駆け引きなど様々な局面で正確にコントロールできるトレーニングを紹介します!

各カテゴリや選手の能力に応じてバリエーションを変えて取り組む事もできるので是非参考にしてみてください!

ワンツーパスで相手を突破する

【やり方】

  1. マーカーでピッチを作成しGKとゴールを配置
  2. エリア外にワンツーパスの選手を2人配置(上下のみ自由に移動可能)
  3. ピッチ内に攻撃の選手を3人、守備の選手を3人配置
  4. 攻撃の選手は中と外の選手両方を自由に使って突破を図る
  5. ワンツーパスを意識して崩し、フィニッシュ
  6. 得点数を競う

【ワンポイントアドバイス】

  • ワンツーパスで突破することを意識
  • 相手DFが飛び込んでくるタイミングを利用する
  • ファーストタッチのコントロールで次のプレーにつなげる

相手DFをワンツーパスで突破することを意識しましょう。

エリア内の味方にパスを出すか、両サイドに展開する味方にパスを出して突破するかを瞬時に判断する必要があるので視野を常に確保しつつ、次のプレーを意識したファーストタッチで丁寧にコントロールし得点チャンスを作り出すことを目標にしましょう。

各ポジションの選手人数を増減、ピッチの広さ。プレー制限などでバリエーションを増やしつつ、トレーニングメニューに取り入れることで変化をつけることも可能です。

ワンツーパスで崩す際は相手のDFがどこまでついてくるかを見極めてパスを出すことが重要です。ドリブルで突破するのか、味方を使って突破するかで意識することや駆け引きのアプローチも大きく異なってくるのでその辺りも考えさせながらトレーニングメニューに取り入れてみてください!

◆関連記事
【ジュニア年代から始めるドリブルトレーニング】相手DFを2人交わして精度の高いフィニッシュにつなげよう!
【ジュニアユース年代必須の縦へ一本のパス!】6vs6(3vs3+3vs3)で縦への攻撃意識を養おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です