【ACミランジュニアコーチ推奨】2v2で攻守の基礎能力を上達させるトレーニング

皆さんこんにちは。

現在ACミランアカデミーでコーチをやっているトミーです。

今回は、相手を抜く局面打開のドリブルと正確なロングパス、最後のフィニッシュに加え、ゴールを守りながら相手の選択肢を潰すディフェンスをトレーニングすることが目的です。

攻守の基礎能力を上達させるには非常に大切なトレーニングです。
是非取り組んでみてくださいね!

概要

オフェンス・ディフェンス両方のプレー精度を強化できる2対2トレーニング。

相手を抜くドリブルとロングパス、ゴールを守りながらの正確なディフェンス、精度の高いフィニッシュをすることが目的です。

準備

  • プレーエリア:35x35m
  • 人数:4人+GK2人
  • 時間:約15分
  • セット:4セットx3分

オーガナイズ

マーカーを配置して35x40mのピッチサイズを目安に作ります。図のようにエリアを分割し両方にはそれぞれゴールを1つずつ配置します。

片方のゴール両脇にミニゴールを1つずつ設置(間隔は1.5m)プレーヤーを2チームに分け、各チーム2人1組のペアを作り、自陣のゴール横で待機。ボールはペアでそれぞれ1球与えて、両ゴールにGKを配置したら準備完了です。

やり方

  1. 白ペアのどちらかが反対サイドの青ペアにロングパスを通したら、青ペアの選手はパスを受けたらもう1人の選手と一緒にドリブルをスタート。
  2. ロングパスを通した白ペアの選手は前進し、2対2の形を作る。
  3. コーチがミニゴールかゴールどちらにフィニッシュさせるかを指定。
  4. ボール保持側のペアはゴールに向かうまでに3回以上パスを繋ぎ、指定のゴールへフィニッシュを狙いに行きます。
  5. フィニッシュするかディフェンスがボールを奪う、エリア外にボールが出たら次のペアと交代します。
  6. 1セット終了毎に攻守交代。
  7. 全セット終了後の得点集計で一番多く得点を決めたチームの勝利。

 

途中3対3に変更することでトレーニングバリエーションを増やすことも可能で、ピッチサイズを選手の能力や人数に合わせて調整し、変化をつけることもできます。

ワンポイントアドバイス

  • ディフェンスの選手はオフェンス側の選手のパスコースを切る、シュートコースを切るなど相手の選択肢を潰すプレーに取り組む。
  • オフェンス側には特に素早い仕掛けを要求し、相手ディフェンスの陣形を整える時間を与えないことで実践に活かせるトレーニングを構築。
  • ディフェンスが整い、パスコースが限定されるような場面ではドリブル突破の選択肢も出てくるのでプレーの選択と判断力も養うことが可能。

◆関連記事
【プロトレーニング】4v4+3のポゼッション【攻守の切り替え】
【ACミランアカデミーコーチ記事・ジュニアユース世代】デュエル(1v1)を楽しむ練習〜シールドスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です